free web hosting | free website | Business Web Hosting | Free Website Submission | shopping cart | php hosting

学校では教えてくれない不動産投資の授業 (生きるための知恵シリーズ)



学校では教えてくれない不動産投資の授業 (生きるための知恵シリーズ)世界の都心商業プロが教えるアッと驚く不動産投資―インカムゲインを中心にあなたにもできるテクニックとタイミング!!老いじたくは「財産管理」から―二世帯住宅・熟年離婚・相続のトラブル回避法 (文春文庫)都市再開発事業―権利変換と鑑定評価の理論と実務入居希望者の行列ができる賃貸アパート・賃貸マンション経営の極意―20人中19人が失敗している業界の常識を打ち破るバカをみない投資の極意地価「最終」暴落 (ペーパーバックス)株よりやさしい不動産投資信託(J‐REIT)入門老後に余裕が持てる人、持てない人 (アスカビジネス)


学校では教えてくれない不動産投資の授業 (生きるための知恵シリーズ)
学校では教えてくれない不動産投資の授業 (生きるための知恵シリーズ)

ジャンル:
セールスランク:70494 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

不動産投資では日々のメンテナンスが大切

生きていくのに関わらずにはいられない不動産について広く学ぶことができた。

アメリカなどでは中古住宅を売買するのが極一般的に行われているのに、日本ではなぜ「建物は30年もすれば資産価値ゼロ」という考え方が定着しているのか以前から非常に疑問に思っていたが、その理由が、明治以降の国の政策といった歴史的な背景や、その政策によって定着した「マイホームを取得すること=成功」という日本人的考え方、気候や素材、そして資産価値を下げないための日々のメンテナンスの違い等にあることがわかった。

不動産投資のテクニック的な内容はなく、物件選びからメンテナンス、想定されるトラブルなど基本的な考え方を重要視した内容だった。特に軽視されがちな購入後の日々のメンテナンスの重要性が強調されていた。

「子供と一緒に学ぶ」というサブタイトルには、子供に不動産に対してネガティブな印象を与えず、正しい知識を小さい頃から学ぶことが重要であるという筆者の考えが現れていて賛同できるのだが、表紙や章の表題のクマさんの絵以外は子供にもわかるような工夫は見られなかった。
良書です!

不動産投資を学ぶ初心者にとっては、手元において何度も読み返す価値がある良書です。

特に良かったのが3つ。

1、不動産にまつわる歴史・・・江戸時代にさかのぼり、貸家の所有者(富豪や大地主)と差配人(さはいにん:現在の不動産管理人)が明治維新の近代化を経て、個人仲介業者もしくは不動産会社へと変化する。その経緯が本書に記述されている。読んでいると、なるほどそうか!と目から鱗です。

2、人には聞けない専門用語が満載・・・たとえば、1つの業者が売り主と買い主とを仲介することを「両直」「両手」と呼び、「売り主買い主の両方から手数料を受領する事」が由来。それ以外にも、「木造」からはじまり「コンクリートパネル工法」などの建築構造に関する用語解説もある。さらには不動産情報手に入れるインターネットのサイトまで紹介してくれる細かな配慮まで。

3、これが極めつけ「第三章のこれから不動産投資で成功するために」では、不動産を取得・購入後に大事な心構えである「物件管理・運営」に関する記述が、本当に参考になりました。業界で17年のキャリアがあると聞いたのですが、地に足の着いた内容であり現場をつぶさに見た実務者が赤裸々に語った内容に感心しました。

この一冊で不動産投資にむけて積極的な一歩が踏み出せそうです。

残念なのは、たったひとつ。それはタイトル。「子供と?」ありますが、本書の出だしで「子供と学ぼう」とあるだけでした。ただし、だからといって本書の内容は良書に変わりありません。しかし、あえてタイトルに書いてしまうと、読者としては読みながらの途中で「あのタイトルは」と気になったりするものです。恐らく、本書の題名「不動産投資の授業」に呼応するため、サブ題でつけなくちゃ、という感じだったかも。満点の評価にしたかったのですが、一つ引いて、星4つとします。続編に期待しています!
基礎がしっかりと学べた

歴史の部分の記述が良かった。非常に参考になりました。
これまで不動産の歴史・変遷など全く知らなかったので
読んでいて面白かった。
不動産と関わる時の「最初の一歩」といった位置づけの本。
タイトルが・・・。

「子どもと一緒に学ぶお金と不動産のレッスン」と表紙に書いてありましたので、この点を期待して読みましたが、まったく期待外れでした。「子どもと一緒に・・・」の記述は書かないほうが良かったとおもいます。
これ以外では、内容的に悪い点は特に無かったのですが、現在読後3日経ってますが、ほとんど記憶に残っていません。おそらく最初の期待はずれがひびいているのだとは思うのですが・・・。
残念です。

子供と学ぶというタイトル通り

不動産の入門書という通り、初心者の者にとって非常に分かりやすい内容だった。
「こうすれば儲かる」とか「サラリーマンでもできる」といった類のものとは違い、将来に渡り、いかに不動産との関わりが大切かを考えさせられました。



明日香出版社
幸せなビジネスの成功法則―顧客を選ぶ会社のつくり方 (アスカビジネス)
不動産投資リスクの基礎知識―危険を見抜く、対処法を知る、利益につなげる
絶対損をしない!不動産投資実践ガイド (PHPビジネス選書)
逢坂ユリのまるわかり不動産投資
不動産投資にまつわる100の話―元手500万円たった5年で年間家賃収入2400万円! (住宅・不動産実務ブック)